HOME  > お知らせ

第17回糖化ストレス研究会 講演会

情報発信日:2019年4月19日

第17回糖化ストレス研究会 講演会(共催:ifia2019 2019年5月24日)は盛況に終わりました。
ご参加、ご協力いただいた皆様、誠に有難うございました。

スポーツニュートリションとサイエンス:
スポーツニュートリションと運動生理学に関連するサイエンスレポート

2019年5月24日(金)東京ビッグサイト青海展示棟<スポーツニュートリションゾーン>にて第17回糖化ストレス研究会(共催:ifia / HFE Japan 2019)が開催されます。
東京オリンピックの準備のため会場はいつもと異なりますので、ご注意ください。
テーマは「スポーツニュートリションとサイエンス:スポーツニュートリションと運動生理学に関連するサイエンスレポート」です。

概要

ifia JAPAN 2019(第24回国際食品素材/添加物展・会議)/ HFE JAPAN 2019 第17回ヘルスフードエキスポ

日時
2019年5月24日(金)
会場
東京ビッグサイト青海展示棟(スポーツニュートリションゾーン) アクセス
参加費
聴講無料
10:15 – 11:00 基調講演 身体活動と健康:疫学研究からのエビデンス
Physical Activity and Health: evidence from epidemiological study
国立がん研究センター/社会と健康研究センター センター長 津金 昌一郎
11:15 – 12:00   機能性食品成分による骨格筋機能の維持
Maintenance of skeletal muscle function by functional food factors
東京大学大学院農学生命科学研究科・応用生命化学専攻・食品生化学 教授 佐藤隆一郎
13:40 – 14:20 特別講演 フレイルに対峙する筋骨連関の機能維持
Maintaining muscle-bone interactions against frailty
国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授 山王メディカルセンター女性医療センター長 太田 博明

糖化ストレス研究会セミナー : 糖化ストレスはスポーツで制す!

14:30 – 14:50   血管を若く保つ運動と栄養
Anti-aging effects of exercise and nutrition on arterial function
立命館大学 スポーツ健康科学部 教授 家光 素行
14:50 – 15:10   スポーツニュートリション:栄養サポートの実際
京都文教短期大学 食物栄養学科 准教授 小椋 真理氏
15:10 – 15:30   糖化ストレス対策としての身体活動と栄養
How to reduce glycative stress: Physical activity and nutrition
同志社大学 生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター/糖化ストレス研究センター 教授 米井 嘉一
15:30 – 15:50   ビタミンD充足の重要性~骨折リスクを回避するために~
Vitamin D3 sufficiency as a key to fracture risk prevention
国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授 山王メディカルセンター女性医療センター長 太田 博明
15:50 – 16:30   座談会

糖化ストレス研究会 事務局

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-10 武蔵野ビル 5F 11号
Tel: 03-6709-8842 Fax:03-6709-8843
電話受付 10:00~18:00(土日祝を除く)

お問い合わせフォーム

前へ  | 最新のお知らせ一覧 |  次へ